Vol. 9 ホームカミング

木の葉が美しく色づく季節になりました。
そろそろ文化祭や学園祭でにぎわうころですね。

アメリカの高校や大学でも、秋になると
「ホームカミング(homecoming)」という大きなイベントが開かれます。
家に(home)来る(coming)=故郷に戻る、つまり
卒業生にも母校へ来てもらって一緒に楽しめるような行事を、
という意味だそうです。

娘の通う高校(公立)のホームカミングは毎年10月上旬にあり、
月曜から土曜日まで、大小さまざまなイベントが目白押し。
学校の廊下には、生徒手作りのポスターや横断幕が並び、
行事の案内や、曜日ごとのテーマが掲示されます。

例えば、上の赤いポスターは「Western Wednesday」。
「水曜日は、西部劇スタイル(カウボーイのような服やくつ、帽子など)で
登校しましょう」というメッセージです。
その右下に小さく書かれている「Powder Puff」というのは、
一種のジョーク的なスポーツ。
女の子たちがフットボールをし、代わりに男の子がチアリーダーを務めます。
この逆バージョンは「Ruff N Tuff」。
女子に人気のあるバレーボールを男子たちがプレー。
人目を引く派手なユニフォームで、場の雰囲気を盛り上げます。

ほかにも
男女それぞれの人気投票をして king と queen を選び
街を行進するパレードや、
球場での夜の映画鑑賞会、
bonfire と呼ばれる巨大な焚火を囲みながら
DJ が流す音楽を楽しむイベント、などなど。
bonfire の火はかなり大きいので
事故防止のため、消防士さんも来ています。

金曜日の夜は、近くのスタジアムで
他校と対戦するフットボールチームの応援。
プロの試合と同じくハーフタイムショーもあり、
マーチングバンドやチアリーダーたちが華やかさを添えます。

そして、いよいよ最後の土曜日はダンスパーティー。
女の子はドレス、男の子はタキシードなどを着ます。
友達どうしやカップルでレストランへ行き、
大人気分のおしゃれなディナー。
その後、校内で準備されているパーティー会場へと向かいます。

この「ホームカミング・ダンス」とよく似ているのが「プロム(prom)」。
これは高校卒業を祝って
5月ごろに開かれる大規模なダンスパーティーです。
原則的には、4年生と3年生が対象。
ホテルのダンスフロアなどの会場までリムジンで来る生徒もいて、
高校のイベントとは思えないほどの豪華さです。

にぎやかで楽しいホームカミング・ウィークが終わると、
1週間の秋休み(fall break *解説参照)。
たっぷり充電した後、
勉強やスポーツに励む、それぞれの高校生ライフに戻ります。

fall breakbreak=休暇。
アメリカの学校では、spring break, summer break, fall break, winter breakがあります。
Copyright 2011 CHIeru Co.,Ltd. All Right Reserved.
Page designed by Emi Gokita
-- Close Window --