Vol. 14 サマータイム

アメリカの大部分の州では
サマータイム(daylight saving time)制を実施しています。
コロラド州もその1つ。
3月の第2日曜日に始まり
11月の第1日曜日に終わる、と決められています。

今年は3月10日からサマータイム開始。
前日の新聞では、こんなふうに注意を呼びかけていました。

「日曜日の夜中の2時からサマータイムが始まります。
寝る前に時計を1時間進めておきましょう」

サマータイムになる瞬間が見てみたくて
時刻表示のあるテレビ画面をつけていると、
AM1時59分59秒からいきなりAM3時00分00秒になりました。
テレビや電話、パソコンの時計は自動的に切り替わります。
ちょっと面倒なのは、腕時計や家の中にある時計。
いちいち手で直さなければなりません。

台所には細々したものが結構あります。例えば、オーブン。

電子レンジやコーヒーメーカーも。

忘れやすいのが、車。

今でこそ年2回、時間を切り替えることに慣れましたが
アメリカに来たばかりの頃は失敗もたびたび。
サマータイムになった当日、
時間が替わったのに気づかないまま映画館へ行ったら
見たかった映画が1時間前に始まっていたし、
友達との待ち合わせまでまだ1時間あると思ってゆっくり準備していたら
電話がかかってきて、あわてて出て行ったこともありました。

サマータイム制度の目的は
夏の間、太陽の出ている時間を有効に使い、電力を節約すること。
帰宅時間が早くなる分、オフィスの光熱費が減り
家に帰って余暇を楽しむ時間が増えることになります。

でも、1時間早く起きるのを強制されることで
睡眠のリズムが狂うというマイナス面も。
特に子ども達は朝、なかなか起きられず
眠い目をこすりながら学校へ行く日が何日か続きます。

サマータイムが終わったときはその逆で、
朝7時に起きたつもりでも、時計はまだ6時。
1時間余分に寝ることができ、得した気分です。

手間がかかるし、面倒ではあるけれど、
夏や冬の訪れを感じながら時計を直すのは
季節感があっていいな、とも思っています。

Daylight Saving Timeアメリカでは、サマータイムのことを ”daylight saving time” といいます。ほとんどの州で導入されていますが、ハワイやアリゾナ州(一部地域を除く)などでは実施されていません。
Copyright 2011 CHIeru Co.,Ltd. All Right Reserved.
Page designed by Emi Gokita
-- Close Window --