Vol. 19 16才の誕生日パーティー

先日、娘が誕生日を迎え16才になりました。

アメリカでは、16才の誕生日(特に女の子)を
「sweet sixteen」と呼んで祝う習慣があります。
なぜ16才が特別なのか、はっきりしませんが
ほとんどの州で運転免許を取得できる年齢だということが
理由の一つのようです。

家庭によって祝い方はさまざま。
披露宴並みの豪華なパーティーを開いたり
友達とレストランで食事をしたり。
うちは夫と相談した結果、
親しい友達をこっそり招待しておいて、帰宅した娘を驚かせる
サプライズパーティーをすることにしました。

準備が着々と進み、いよいよ当日の土曜日。
夫が娘を誘ってモールへ買い物に出かけた後、
友達7人がわが家に来てくれました。
運転してきた車を、娘に気づかれないよう遠くに駐車してもらい、
玄関の内側で待機。
何も知らずに帰って来た娘がドアを開けて入った途端、
「Surprise!!!」の大歓声とパーティークラッカーの音が鳴り響きました。




ひと息ついて、ジュースで乾杯。
枝豆が大人気。

夕食は、手巻き寿司。
日本に比べるとバラエティーは少ないですが
マグロと鮭の刺身は、近くの店で新鮮なものが手に入ります。

お寿司は好きだけど手巻きは初めて、という子ばかり。
最初は慣れない手つきでしたが、だんだんうまくなってきて
いろいろな具の組み合わせに挑戦していました。

友達から贈られたプレゼント。
こんなかわいいトレーナーも。

イチゴのチーズケーキで、Happy Birthday〜♬


この後、ボウリングに行く予定でしたが
「もっとしゃべっていたい」
...ということで、予定変更。

庭にあるトランポリンの上で、夜風に当たりながら
尽きないおしゃべりを楽しんでいました。

legal age法定年齢。アメリカで選挙権が与えられるのは18才。
飲酒は21才からで、お酒を買う時にはID(身分証明書)が必要です。
Copyright 2011 CHIeru Co.,Ltd. All Right Reserved.
Page designed by Emi Gokita
-- Close Window --