Vol. 4 THE PET IN OUR BACKYARD

前回野生動物のことをお話ししましたが、今回はその続きで、我家に今一番近い所に住んでいる野生動物をご紹介したいと思います。

きつねの親子です!

4年前の春に、裏庭にあるSHED=シェッド(芝刈り機や、ガーデニングに使う用具を保管してある物置)の下に、きつねが穴を掘って巣を作りました。そして初夏になり子供がある程度育つとある日突然巣を離れて行きました。

その翌年もやってきて、その時には子ぎつねが3匹。昨年はなぜか戻って来ませんでした。そして今年...... 

1、 2、 3、 4 ...なんと子ぎつね5匹!!これ、家族全員です。

夜行性のはずなのですが昼間もこのように出てきて、我家の裏庭は子ぎつねのプレイグラウンド状態になっています。

子ぎつねさんリラックス中

お兄ちゃん(?)のしっぽをかんでるよ~

最近傷みがひどいなと思ったらあなたがかじってたのね...

子ぎつねたちは犬のボールで遊んだり、兄弟でじゃれあったり、まるで子犬を見ているようです。

子供たちが遊んでいる間、お母さんぎつね(だと思うのですが..?)は、見張り番。

フェンスの上や

シェッドの上から

辺りに目を光らせています。とてもプロテクティブな親ぎつねです。

ところで我家には.....

こ~んなに大きな犬がいるんですけど.....
お構いなく巣を作ってしまうなんて大胆ですよね。

2年前にやってきた親子はとてもやんちゃで、少々困りものでした。デッキに置いてあったサンダルや、ガーデニング用の手袋が見当たらないな~と思っていたら、彼らのおもちゃになっていたり...。

サンダルを枕にお昼寝中

我家のものだけでは遊び足らず、ご近所の家の庭からもやはり靴、サンダル、犬のおもちゃをどんどん持ってきてしまうのです。どのお宅のものかわからないので返すわけにもいかず、たくさんのものがゴミ箱行きとなりました。ある日その話を近所の人にしていたら、”そういえば、私の赤いクロックスが片方ないのよね~。“

.....ありました!!このクロックスだけは無事に持ち主へと返っていきました。こんな感じでお騒がせな親子だったのです。今年戻ってきたお母さん、2年前の子ぎつねかな~と、子供たちと話しています。

我家のあるコミュニティには、裏庭にきつねが住んでいる家が数件あります。でもやはり肉食動物なので嫌がる人ももちろんいます。その場合はきつねの苦手な匂いのスプレーをまいたりして駆除します。我家の裏庭にも、鳥の羽や、小動物の骨が落ちていることがあります...。(片付けは主人が担当)シェッドの下はもっとすごいんだろうなと、想像すると怖くなるのですが、子供たちがとても喜んでいるし、数ヶ月ですぐにまた去って行くので、そっとしておいてあげようと思っています。

人間の手の届かない自然が豊富なところは近くにたくさんあるのに、なぜわざわざ民家の庭に巣を作るのか、しかも我家は犬付きときているのに...謎です。ほぼ毎日朝7時頃と、夜8時頃が、家族で外に出てくる時間帯のようで、その間は我家の子供たちは窓に釘付け状態。野生のきつねの成長をこんな間近で観察できるのはもちろんこちらでもめったにできない体験なので、家族で楽しんでいます。

でも、うれしくない方約一名...

<プチ情報>

動物の赤ちゃんは、動物によって特別な呼び名がある場合があります。

犬:PUPPY うさぎ:BUNNY あひる:DUCKLING
にわとり:CHICK ヤギ:KID 鹿:FAWN
ライオン、トラ、熊: CUB ぶた:PIGLET
カンガルー:JOEY 馬:FOAL/COLT 鯨:CALF
猫:KITTEN そして
スカンクもKITTENだそうです(知らなかった!)
最後にきつねは CUB とか KIT です。
Copyright 2011 CHIeru Co.,Ltd. All Right Reserved.
Page designed by Emi Gokita
-- Close Window --