Vol. 7 SUMMER READING PROGRAM

前回少しお話しましたが、アメリカの学校の夏休みは3ヶ月ほどあります。子供たちにとっては宿題もなく、楽しい夏休みなのですが...

“I’M BORED!!”

を繰り返し聞かされる親にとっては、長すぎる夏休みです...。

長い夏休みのアクティビティの一つとして、毎年多くの子供たちが参加するものに、図書館のSUMMER READING PROGRAM(夏休み読書プログラム)があります。子供たちに夏休みの間、たくさんの本を読んでもらおうと、各図書館ごとで行われています。私たちの住む地域の図書館のプログラムをご紹介したいと思います。

夏休みが開始する5月末からREADING PROGRAMは始まり7月末で終了します。
プログラムは3歳児~小学生、中高生、大人と、年齢別に3つのグループに分かれています。参加希望者は登録手続きをして、読書時間を記録する紙をもらいます。

この用紙に、小学生は本を読んだら、20分ごとに色を塗り、中高生は1時間ごとに印をつけていきます。

2週間で6時間が目標読書時間です。きちんと読み終えてこの用紙を図書館に持って行くと、プライズがもらえるようになっています。これを3回繰り返して、プログラムを終了すると24時間!本を読んだことになります。

例えば小学生用のプライズは...

レストランのキッズミール無料券
アイススケート無料券
ローラースケート無料券
遊園地入場料ディスカウント券

などなど。

そして本もプライズとしてもらえるんですよ。用意されているペーパーバックの中から自分が好きなものを選ぶことができます。

我家の3人がそれぞれ選んだ本です。

2週間ごとに抽選会もあり、当選者は特別なプライズがもらえます。小学生の当選者はたくさんあるおもちゃの中から好きなものを選びます。中高生のプライズは、本、DVD、博物館入場券、iTunesのギフト券など。

そして...今年はプログラムの最終日にグランドプライズとして、Kindle (電子書籍リーダー)、iPod touch、現金$100の抽選会が行われました。

なんと我家の息子、ラッキーなことに現金$100大当たり!!

本をたくさん読んでよかったね。

図書館ではこのREADING PROGRAMのほかにも、映画上映、クラフト、ゲーム大会など、子供たちが楽しめる様々なイベントを開催して、夏休み期間中の図書館利用を奨励しています。

また映画のDVDは一家に5つまで一週間貸りることができます。我家では毎週のように借りてきて、家族で映画を観るのも夏休みの楽しみの一つになっています。

あまりお金をかけずにアクティビティに参加できたり、いろんなプライズがもらえたり、夏休みにはとてもお世話になる、ありがた~い図書館です。

<プチ情報>

図書館で本を借りる、というと、借りる=BORROWと考えてしまいがちですが..

I checked out some books at the library.
が、自然な言い方です。

本の返却期限は3週間です。
The books are due in three weeks.

DVDの返却日は8月23日です。
The due date for the DVD is August 23rd.

返却日を過ぎてしまい罰金を支払わなければならなかった。
I had to pay a fine for the overdue book.

Copyright 2011 CHIeru Co.,Ltd. All Right Reserved.
Page designed by Emi Gokita
-- Close Window --