Vol. 12 What happens in Vegas stays in Vegas

日本から来客があり一緒にラスベガスへ行って来たので、今回はラスベガスをご紹介したいと思います。番外編担当のAri氏は車で(10~11時間)行かれましたが、私たちは飛行機で。デンバーからは1時間半の飛行時間です。

砂漠の中にど~んと出現するオアシス。夜になればネオンの洪水。”眠らない街”とはよく言ったもので、カジノもレストランも24時間営業。一日中、一年中がパーティ!の街です。

カジノの街として始まったラスベガスですが、テーマホテルでの客寄せのアトラクションが増え、今では子供連れのファミリーが滞在を十分に満喫できる街へと変わってきています。

また、娯楽の多さ、ホテルの数の多さと安さなど、コンベンションの主催側にとっても参加者にとっても魅力的なラスベガスでは、かなり頻繁に様々なコンベンションが開催されています。

昼間はショッピング、バフェ(食べ放題)、夜はショー、そしてカジノ!が一般的なスケジュールの様です。若い方々はこのあとにクラブと続きます.....。

私たちはテーマホテルを見学して回り、フリーのアトラクションを楽しんで来ました。

ニューヨークニューヨーク
マンハッタンがテーマ
ジェットコースターがホテルを駆け抜けます!

パリスラスベガス
パリの街がテーマ
バフェがおいしい!

ルクソール
古代エジプトがテーマ
ホテルがピラミッド型で客室の壁まで斜めだとか

モンテカルロ
地中海のモナコがテーマ
使えませんでしたがプールが充実しているそうです

ラスベガスに行くと、ちょっとした世界旅行をしてきた感覚が味わえますね。

今回子供たちに好評だったのが、サーカスサーカスのアドベンチャードーム、屋内遊園地です。ジェットコースターあり、フリーフォールあり、ずぶぬれライドあり、絶叫マシーン好きな大人の私でもとても楽しめました!ほとんど待ち時間なく次から次へと乗れます。

そして遊園地で思いっきり遊んだあとは、カーニバルゲーム。
$0.25~$2のゲームが沢山あり、景品はぬいぐるみ。フリーのサーカスを楽しみながら、子供たちはゲームに熱狂。そして...

景品、ゲットできました!

どこのホテルも集客のために何らかのショーを公演しています。有名歌手のコンサートや、マジック、コメディーショーなど。シルク・ドゥ・ソレイユは幾つかのホテルで異なったショーを公演しています。

Tix4Tonightというキオスクが各地にあり、翌日から当日のチケットを半額近い値段で購入することができます。私たちは子供OKのコメディマジックショーを見て来ましたが、涙が出るほど笑いました。

無料のアトラクションもいろいろあって...

フリーモントエクスペリエンス
フリーモントストリートを覆うアーケード全体に
様々な映像が音楽に合わせて浮かび上がります。

トレジャーアイランドホテルの前で行われるパイレーツショー
無料といえどこの迫力!

ベラッジオホテルの前で行われる噴水ショー
音楽にあわせて水が踊ります!

ファッションショーモールやフォーラムショップ、買い物好きな方にも魅力いっぱいのラスベガスです。

帰りの飛行機の中で、満席の機内に向かってフライトアテンダントが聞きました。

”ラスベガスで勝った人~?“

手をあげたのは、なんとたった一人!楽しいけれど、懐にはかなり厳しいラスベガスのようです...。

<プチ情報>

WHAT HAPPENS IN VEGAS STAYS IN VEGAS

これは、観光促進のために使われているキャッチフレーズです。
ラスベガスで起こったことは、ラスベガスだけでのこと。(だから、どれだけ羽目を外しても、大丈夫...という隠れた意味が...!!)

Copyright 2011 CHIeru Co.,Ltd. All Right Reserved.
Page designed by Emi Gokita
-- Close Window --