新刊発売のお知らせ

 

実践サバイバル英語シリーズ Vol. 3 米国コロラド州

連載がはじまって3回目にして
このマンガを発信している
コロラド州のことを
ご紹介していなかったことに
気づきまして 。(」゚ロ゚)」アレ




中西部と呼ばれるエリアです。


で、作者の私、ゴキタ絵美は
日系アメリカ人5世にあたる男児二児の母。

 

英語が母国語になる我が子たち
日本語や日本の文化も覚えて欲しいなあ
と思いながら育てていますが
いまのところ、


カレー作る主婦

日本人の基礎でもある
ニッポンカレー文化だけは
しっかり伝えられている模様。
ヽ( ´ー`)ノ

 

さてコロラド州の話に戻ります。


ロッキー山脈
首都デンバー

デンバー市は、標高が約1マイル
(約1609メートル)に位置することから
マイル・ハイ・シティーとも呼ばれています。

 

 

冬はウィンタースポーツのメッカ。
冬コロラド

州内に26カ所のスキー場があり
世界でも指折りのリゾートとしても有名です。

 

わがやはまだソリ専門ですが。

夏のアウトドアライフもすんごい充実。

 

夏コロラド

 

山だらけの州なので、
ハイキング、ラフティング、カヤック
ロッククライミング、キャンプ、釣り…

わがやはザリガニ釣り専門ですが。

ところで私、
グラフィックデザイナーとして
ニューヨーク

ニューヨークは人種のるつぼ
色々な国の人が集まっているので

たくさんの人種

お店でもレストランでも
耳にする英語はアクセントがいっぱい。
英語のコミュニケーションに苦労しました。

コロラドに暮らしはじめてまず気づいたのは
とても英語が聞き取りやすく
人ものんびりしているということ。
人がやさしい
私が話す日本人アクセントの英語も
何を言おうとしているか聞き取ろうとしてくれる人が多い
それがコロラドのイメージ。

みなさんが、将来留学を考えていらっしゃるなら
覚えておいていただきたいこと。

大都会になればなるほど、英語が二カ国語目の人が多いこと。

そしてそれだけ日本人の数も多いため、
日本語だけで暮らそうと思えば暮らせてしまいます。

ニューヨークは、英語が母国語であっても
あとから知ったことですが
東海岸特有の早口英語なんですって。

コロラド州はその点、英語が母国語の人も多い。
土地が広いせいか人もゆったりしていて
英語そのもののアクセントも少ないから
暮らしやすく、学びやすい場所だと思います。

学びに適しているのはコロラドだけではないけど
皆さんの将来の参考に少しでもなれれば、
と思いました。

コロラド地図
コロラドのことを英語で詳しく知るには
Interactive Colorado Mapをお楽しみください。

 

 

Copyright 2011 CHIeru Co.,Ltd. All Right Reserved.
Page designed by Emi Gokita
-- Close Window --